2014年06月26日

オリンピアンの話。

◆ブログの更新がなかなかのご無沙汰になってしまいました。。。あせあせ(飛び散る汗)

 ちょっと、いろいろと忙しくてふらふら

 でもTwitterでは書ききれないことなんかはゆる〜りと更新していきますので、気が付いたらたま〜に覗きにいらしてくださいませ

◆さてさて。

 最近、なんだか立て続けに見てしまっている番組があります。
 それはタイトルも分からないのだけどあせあせ(飛び散る汗)・・・2020年の東京オリンピックに出場しそうな若手に元オリンピック選手が直接指導しに行くというドキュメンタリー形式の番組TV

 たぶん、何かの続きで見てしまっているので、いつ放送しているのかさえも分からないという・・・たらーっ(汗)

 ま・・・とにかくその番組でね、元体操オリンピック選手の田中理恵さんがジュニア選手を指導に行ったときの回がありましてね。

 最初は練習の見学から始まるのだけど、練習の様子を見ているだけで、弱点とかがすぐに分かっちゃうんですね〜〜〜。
 その道を極めている人はやはり「見る目」も持っているのだと思いますねぇ。

 んで、その中で出てきたお言葉。

 『表現は技術』

 という言葉。
 魅せる(見せる)技術と言いましょうか。

 それは見ていて、へぇぇぇ〜〜〜と思える内容でした笑う

 見る角度とか、手の角度とか、、、そういうものだけでぜんっぜん違うんですねexclamation×2

 ちょっと踊りの世界と似ている気がします。

◆あとね、思ったのは、オリンピックに出る人たちってのはもともとの才能もあるとは思うけど、努力やものごとを吸収する天才、才能を持っているんだとも思いました。
 指導の仕方もみなさん、うまいですもんね。

 自分の経験を踏まえて指導されているので、たぶんジュニアの人も分かりやすいんだろうなぁと。

 そんなこんなで、今日は最近感動したひとことでした。

 ciao!!頷く
posted by りな at 10:17| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする