2017年03月24日

【読了】それもすべて、神さまのはからい。

◆ええ、2月の終わり頃から、なんだか心がすさんでおりまして(-_-;)、一時期は

「この壺を買ったら幸せになれますよ!」

とか言われたら、買ってしまいそうだな、と思っていたのですよ、ええ(笑)
(今は落ち込んでいません(笑)…風邪ひいたけど💣)

 っでっ!!これはいかん、なにか救いを〜と求めたのが読書

 前々から、公演が一段落したら、本は読もうと思っていて、いくつかピックアップしていたのですが、今回は想定外?の本を。

◆で、本屋さんでふと見かけて、買ったのがこちら。

20170323_232759.jpg

 性格リフォームカウンセラー 心屋仁之助さんの
『それもすべて、神さまのはからい。』

 まずね、惹き付けられたのは冒頭に出てくる
「あなたは人生というゲームのキャラクターであり、操作しているのは神様」
という言葉。

 もう、頭の中でスーパーマリオの1面の曲が流れたわ(笑) あ、歳がバレますかね(^-^;
 そーかーと。
 そう考えたら、目の前のものはジャンプして、飛び越えるしかないし、火を吹く敵は倒さなければならない。
 および、キャラクター(マリオ)には「倒せませ〜ん((( ;゚Д゚)))」みたいな意思もないですからね(笑)
 そんな風に考えたら、ふっと楽になった気がして。
 私って単純なんだなーと改めて(^-^;

◆この本の中でおお!!と思ったのは何度かあって、声にも出して「そうだよね!!」とか言っちゃいましたけど、もっともおお!と思ったのは、『前者・後者論』。

 人には二種類がいて、『マルチにこなせる有能タイプ』と『一点集中型の天然タイプ』。
 これ、分かれてはいるけれど、どっちがよくて、どっちがダメってことはないのです!!
 とかく今の世の中は『前者(マルチタスクタイプ)』が良い!とされますけどね(^-^;
 前者はいろんなことをいっぺんにやることで、才能を発揮し、またそれが後者を支えている。
 後者は前者に働いてもらって、キラリと光る癒しを与えることで、前者を支えている。
…のだそうで。

 こう書くと、後者はダメっぽいけどね、でもそれでいいのだそうです。
 前者は有能なマネージャー、後者はタレント、なんだって(笑)

 これね、私、読めば読むほど、『後者(天然タイプ)』だなーと思って(笑)
 および!およびよ、および。
 私の前からの友人は前者タイプだなーと思って(笑)
 確かに助けられていて、でもだからこそ凸と凹でうまくいっている気がする!!( *´艸`)

 そして、たぶん、これは男女関係なさそうです。
 男の人でも、「あー、後者だわぁ!」という人もいるし、女の人でも「絶対、前者だわぁ!」と思える人がいるもんね。

◆そんなこんなで、さくっと読めた文庫。
 そしてまた、何かのおりには読みたいと思った本でございました。
 まぁ、すべてにおいて、その通り!とは思わないけれど(^-^;、でも「なんだか、そう考えたら、そうだよね」って気にはなれますよ!(笑)

 ゲームと同じで「幸せになるのは決まってる」し、あなたが『素敵なのも決まっている』。
 そして『最後は孤独死は決まっている💣』=死ぬことは決まっているのだから、悩んでいないで、楽しいことをしようぜ!もったいないよ!!ってこと(笑)
 その楽しさを広げましょってこと。
(さすがは頭がお花畑の後者の私💦)

 あ、前者・後者論はご興味があれば、もっと詳しく書いてありますので、本を読んでみてくださいませませ
posted by りな at 00:08| 東京 ☁| Comment(0) | 観たもの。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。